俺の話を聞いてくれ
TreeArchive_PD

 


プロフィール

取締られ役係長

Author:取締られ役係長
昇進の日は来るのか?


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


20th anniversary
愛車ランティスですが、12月6日で納車されてから20年が経ちました~(^^)
つい今まで12月7日が納車日だと勘違いしていたのはナイショ(^^;;


1995年に納車されてから20年、走行距離は14万に届いていないものの、
こんなに長く乗れるとは思ってなかったなぁ。

30年を迎えられるかはわからないけど、いつまでも大切に乗り続けたいと思います。

これからも宜しく!!
タイヤ交換 →スタッドレス 138,106km
例年とおりこのタイミングでスタッドレス装着。

20151121-1.jpg
作業中の画像は撮り忘れ(^^;;

最近は雪道を走る事がめっきり無くなって、そもそもマンションの駐車場は
雪の日に入出庫が禁止になる設定なのでスタッドレスに替える意味が
あるのかって話なのだが、あまり深く考えない事にしている。

タイヤ交換自体はトラブルもなく、淡々と終了。

で、今回は錆に気をつけろって 友の 神のお告げがあったので、交換ついでに
下回りを確認、リアのサブフレームの錆が気になったので、ワイヤブラシで
錆を落として黒いスプレーでぶしゅーっとしておいた(きやすめ)

更に、放置すると電球交換が大変な事になる予感がするライセンスランプ。
2015112102.jpg
なるほど、取付基部は20年の風格を感じる。
この錆び方はウェザリングの良い資料なのだが、やはり手入れをする事にした。

まずは固着しているライセンスランプのネジを外すに当たり、手持ちの中で一番
良いドライバーを使って舐めない様にゆっくり回した所…

20151121-3.jpg
ネジザウルスの力を借りるまでもなく外せた。とは言え、舐めるギリギリの状態。

20151121-4.jpg
ネジもこの通りの錆具合。

とりあえず、錆が酷かった取付け基部をワイヤブラシで清掃して、ホルツの錆止塗料で
全面的に塗装しておいた。(きやすめ)

そして、ネジの錆をワイヤブラシで磨いて再装着。1/4回転程弛めにしめて作業完了。

近いうちにネジを新品に替えておこうと思うのだが、電球を予防交換しておけばいいんじゃね?
って話は、あまり深く考えない事にする(^.^)
12ヶ月点検 - (138,093km)
通常の12か月点検を予定した所、タイミングよくリコールの案内が
届いたので一緒に作業してもらったです。

前回の半年点検から2,500km、通常のサンデードライバーですな。

点検の結果は異状なし、前から認識のあるブレーキパットの残量不足
なのだけど、恐らく来年の車検までは持つでしょう。

んで、リコールはイグニッションスイッチの交換。
交換の結果、何が変わるわけでもなく、今まで通り快適仕様です(^.^)

って事で、20年まであと一か月、スバラシイですなぁ(^^♪
ショック交換 135,651km
新車から20年、無交換だったわけで、そりゃへたってるとは思ってました。

ただ、乗れちゃうから放置していた所、リアのショック周りからコトコトと異音が
出はじめ、最初はスタビのリンク辺りを疑って色々試してみたけど直らず、
ショックを交換して完治。

以下、経緯。

ショックを替えたい的な事を発言した所、友達Oからリアのショックはトランクの内張りや
リアシートの座面まで外さないとダメだと脅されてびびる(^^;;

当初は純正ショックを検討するも、費用的に抑えたかったのでKYBさんの
青いショックを選択。交換作業も比較的近所に安価で請負っている業者さんが
あったので、そこに依頼する事に決定。

まず、ネット経由で申込んだ所、後日携帯に連絡があり、車の情報、(形式、
車体番号、類別型式、初年度登録、駆動方式、エンジン仕様)を教えてほしい
との事。
そんなに調べなくても部品は絞れるのだけど、そういう決まりなのだろう。
若干イラッとするも、昔自分が受ける立場の仕事をしていた事もあり、素直に
回答した結果、車体番号的にそのショックは適合外なので、自己責任なら
受付けるとの事。

友達の実績を知っていたので、自己責任上等、よろしく頼むぜと発注完了…
したのだが、若干不安があって友達にDMで確認、大丈夫だとの回答を得る(^^;;
ありがとーN。

並行して、同時交換するマウントやブーツ、バンプラバー(後)をディーラーに発注、
欠品もなく、スムーズに調達完了。

そしてショック交換直前、作業者に壊されるのが嫌なので、予め内張り撤去作業を
行う。ココで友達の言葉が脅しではなかった事を知る事になる(笑)

20150527-1.jpg
リアのショックマウントと初対面。
もっと痛んでいるかと思ったけど、外観上は全く問題がなさそう。

但し…
20150527-2.jpg
フロントのマウントは限界です。いつ裂けてもおかしくない。


そして交換作業完了、運転して数十メートルで違いを実感、シャキッとした感じ。
やっぱり痛んでるんですなぁ、当然ながら。でも、こんなに違いがあるなんて
これは想定外、すっごく嬉しい(^^)

リアショックの異音が無くなったのは何よりなんだけど、このシャッキリ感は
たまらんなぁ。運転が楽しいです。

最後に、7,000kmしか使ってない純正ショックを勧めてくれた友達W、結局
新品を調達してしまったけど、お気持ち嬉しかったです、感謝します。

マウント、ブーツ、スプリングラバー等々 約45,000円
ショック(交換、アライメント調整込) 約75,000円
合計約120,000円也。

お小遣いが減ってしまったのでしばらくは外出せずプラモでも…(^^;;
6ヶ月点検 - 19.5年(135,604km)
早いもんですなー、車検から半年、6か月点検です。

ディーラーに持込む前に、以前から気になっていた錆部分のタッチアップ的作業を敢行。

特にひどかったのはボンネットロック、なぜか真っ赤に錆びてまして…
手直し前の画像を撮り忘れたらしい…(^^;;
20150510-3.jpg
外したロックをワイヤーブラシでゴリゴリして、ラッカースプレーでぶしゅーっ、
細かいスプリングとかを再装着して完成。

20150510-4.jpg
車に取り付けて作業完了です。
周囲ももっときれいにすれば良かったか(笑)

この後、ディーラーに持ち込み。

点検中に担当さんに言いたい事言ったり、購入部品の手配をして完了。

点検で異常も発見されず、ミッションコンプリート、お疲れ様でした。