俺の話を聞いてくれ
TreeArchive_PD

 


プロフィール

取締られ役係長

Author:取締られ役係長
昇進の日は来るのか?


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ポルシェ917K (フジミ 1/24) - デカール貼りおわり
先週末に途中まで貼ったデカールを仕上げた所です。

20140225-1.jpg
シートからデカールが無くなると嬉しいですな(^.^)

前にも書いたけど、このデカールは透けがひどくて辛いです。
良く見ると下地の赤がデカール表面に影響しちゃってるしね。

んで、キルスイッチの所に貼るデカール(10番)は、貼ろうとしたら
粉々になっちゃいました。
20140225-2.jpg

古いキットですからね、劣化していたのかもしれません。
幸いにも単純な丸なので、後で塗装で仕上げちゃおうと思ってます。

って事で、レーシングカーのデカール貼り、大好きな工程の終了です(^^)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

ポルシェ917K (フジミ 1/24) - デカール貼り(の途中)
先週、シャーシのフレームの塗装で悩んでた部分が上手くいきましてね、
ご機嫌なわけです。

20120223-1.jpg
先に全体を黒く塗って、その部分を細くマスキングでこんな感じ。

上手くいったです、簡単に(←ここ重要(^^))

で、気分の良いままデカール貼りまで進めましたです。
20140223-2.jpg
8割がた貼った所でタイムオーバーになっちゃった。

白い線は塗装でも良かったかも?
このデカール、やたらに透けちゃって、ゼッケンサークルと細い線は
重なる部分だけデカールをカットしないと白が濃くなっちゃってかっこ悪い。

まぁここまで進めたので全部デカールで行っちゃいますけどね。
917Kももう一息、そろそろ次のキットが頭をよぎったりしてます(^.^)


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

家族が増えました。
子供が生まれたとかではなく、近所のホームセンターから連れて帰って
きたという事なのです。

20140222-1.jpg
小さいころに飼って以来のハムスターなので、始めてみたいなものですが、
とにかく長生きしてほしいです。

20140222-2.jpg
ちなみに、少なくとも最初の1週間はヒーターを使ってくれという
お店の助言があって、プラモで乾燥ブースに使ってるヒーターが
没収された模様(^^;;

テーマ:ハムスター - ジャンル:ペット

ポルシェ917K (フジミ 1/24) - 序盤の作業
ボディの修正をしてとりあえずサフで状況確認。
20140215-1.jpg
概ね良い感じ。部分的に手直しが必要な感じだけど、想定内です。
このサフが乾くまでは別の細かい作業を進めます。

20140215-2.jpg
このキット、フジミさん容赦ないです、アンダーパネル内側にモールドされた
フレームを黒く塗り分けろとの御指示(^^;;

ベースのグレーを塗った後にマスキングしてフレームを黒く塗ろうかと
思ったけど、逆の方が楽な気がして…

20140215-3.jpg
艶消し黒を先に塗りました。この後、フレーム部をマスキングして
ベース部分のグレーを吹きます。

この手順で正解だよね?(誰に聞いてる(^^;;)

ポルシェ917Kは70年代のレーシングカーなので、たぶん鋼管フレーム構造なんだと
思います。なので、フレーム部品が細かくて多い。

結果、こんな感じになります。
20140215-4.jpg
画像がイマイチなので伝わりにくい気がしてますが、パーツ数が多いです。
偶然ですが、先週に持ち手の増産を行ったのが大正解。

20140215-5.jpg
最後はピンセットまで動員してますもん(笑)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

ポルシェ917K (フジミ 1/24) - 製作開始
くろがねさんが塗装乾燥待ちになったので積んであったキットに着手。

20140211-1.jpg

この数か月(年?)で、このキットは作りたかった本命です。
ずっと探していたのだけど中々見つからず、少し前にフラッと立寄った
大森のギャラクシーって模型屋さんで偶然見つけて即買いしました。

10年くらい前のフジミのキットなので、タミヤの様にパチピタではないですが、
中々期待させる雰囲気です。
20140211-2.jpg
成形色的に染みだしが怖いですが…(^^;;

そしてこのキット、容赦ない感じが素敵だったりします。
20140211-3.jpg
塗装は当然、パテ埋めが前提だったり、画像は撮ってないですが、ボディを
切り取れなんて指示もあって、ワクワクさせてくれます(笑)

で、とりあえず本日の作業はボディを一部成形とパテ盛りまで。
20140211-4.jpg

埋める部分が大きいので、ラッカーパテよりポリパテがよさそうです。
これから楽しみ~(^^♪


んで、私がなぜこのキットが作りたかったか。
#興味ない人は飛ばしてください(笑)


私が小学校5年生か6年生の頃、学校のイベントで自由工作ってのが
ありまして、各自材料を持ち寄って好きなものを作る事になりました。

私を含むクラスの皆は木材とか発泡スチロールとかを持ってきて思い思いに
色んな物を作っていた時、先生の言った「素材は自由」って所を拡大解釈した
イマイ君は、なんとプラモデルを持込んで一人自慢げに作ってたわけです。

先生も特に咎めることもなく、彼はみんなの眼差しを尻目に自慢げに
プラモデルを作りました。それが、ポルシェ917のキットだった訳です。

凄く羨ましかったのを今でも覚えてますねぇ(^_^;)

今回作り始めたキットはフジミが2003年に発売したものなので、イマイ君が
作った物と同じではありませんが、このカラーリングの917K、イマイ君より
上手に作ってみたいと思います(笑)


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

日本陸軍 くろがね四起 (タミヤ 1/48) - 少しだけ塗装
週末の雪はすごかったですがー、その影響で窓が開けられず、
せっかくのお休みなのにエアブラシが使えなくてシオシオです。


日曜日の夕方にようやく窓を開けられる状態になりまして、
少しだけですが塗装が出来ました。

20140209-3.jpg

ミリタリーっぽくないです。

ジオン兵のスパイがいますが、これは以前作ったワッパのオマケの
フィギュアで、作業スペースの隅に転がっていてチマチマ塗装してたのが
完成したのでお披露目です。

このフィギュアは、私には珍しく全部筆で塗ってます。筆も良いね。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

ウォーターライン 駆逐艦 樅 (ハセガワ1/700) - 完成
完成しました。やっぱり早いです。

作り始めたのは4~5日前だけど、平日はほとんど作業してないからね、
実働1日、モチベーションが切れる間もなく完成できるってのは良いなぁ。

20140209-1.jpg 20140209-2.jpg

画像を撮った時点で艦尾の旗を付け忘れてますな。
この後、こっそり付けてます(^_^;)

って事で、お疲れさまでしたー。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

日本陸軍 くろがね四起 (タミヤ 1/48) - 製作開始
樅さんの塗装乾燥待ちです。

20140208-3.jpg
基本塗装が終わってデカールをい貼った所。
あとは仕上でチョコチョコ塗るのだけど、デカールとか乾燥時間が待てず…


20140208-4.jpg
くろがねさんです。

ちゃいちーな車です。
このキットを組むのは、少し目論見が会ったりしますが、もしかしたら
普通に組んで終わっちゃうかもしれません(^_^.)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

ウォーターライン 駆逐艦 樅 (ハセガワ1/700) - 下処理とかマスキングとか
1/700の駆逐艦ですからね、細かい作業が多いのが前提です。

20140208-1.jpg
バリみたいな部品を一つ一つランナーから外して下処理の連続。

ルーペが無きゃ絶対無理です(笑)
それでも小さい船なので部品数は少なめなのかな?

厚みのある部品は端部を削って薄く見えるように、うすうす作戦を
敢行してます。

20140208-2.jpg
んで、これまた細かいマスキング。

小さい構造物はそのままマスキングしちゃって、後から船体色を
筆で点々と塗る事にします。

この2つの作業でたっぷり3時間、疲れたー(^^)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

ウォーターライン 駆逐艦 樅 (ハセガワ1/700) - 製作開始
週末まで待てないので積んであるキットから小さい駆逐艦など…

20140204-1.jpg
ウォーターラインの駆逐艦、樅です。

“艦これ”を始めたからって訳じゃなく、ただ船を作ってみたかっただけ。
この船を選んだ理由は、完全に名前からです。

昔住んでた街に、「樅」って、とても美味しい小さな洋食屋さんがありました。
今は閉店しちゃいましたけど、小さいころは良く食べてまして、それが
懐かしくて…って事なのです。

20140204-2.jpg
この駆逐艦もとても小さくて、本体はランナー3枚で終わりです。
休日だったら一日で完成しちゃいますね。

20140204-3.jpg
右から読みます↑

当時は船体に船の名前が書いてあったんですね。
なので、キットにはデカールが付いてます。





20140204-4.jpg
モミモミ…(^^;;
たのしいなぁ~

20140204-5.jpg
で、更に小さな哨戒艇がオマケについてました。
一緒に作りますが、こういうのって凄くうれしいです。

ハセガワさんありがとー\(^o^)/

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

サンバートラック 赤帽車 (アオシマ1/24) - 完成
前回、フレームにエンジンが乗るの乗らないのって話でしたが、
その後ゴチョゴチョして完成です(端折りすぎだろ(^^;))

って、あまりにも飛ばし過ぎなので、少しばかり苦労話を…

ボディの白を塗った後、マスキングして赤い部分を塗るのですが、付属の
マスキングシートが少し使い難い。
材質が固いので、ボディの曲面に馴染まないんです。なので、付属の
マスキングをベースにマスキングテープを切出しました。

20140202-2.jpg
こんな感じ。

で、こんな感じ。
20140202-1.jpg

この後、指定の赤を無事塗装できました。

で、デカール貼ってから窓枠をマスキング~
20140202-3.jpg
考えてみたらマスキング作業が多いのね、このキット。

大戦機のキャノピーに比べたら大雑把なので気になりませんけど、
ボディのデカールを心配しながらのマスキングは心臓によくないです(^_^.)

ちと画像が飛びますが、運転席回り。
20140202-4.jpg
赤帽サンバーのシートはこんな感じで、運転席と助手席で塗分けが違います。

確かに説明書は運転席を塗り分ける指示しかないのだけど、当然助手席も
同じだろうと思っちゃうので気を付けないとね…

私は両方塗っちゃって、助手席は塗り直しました(^_^;)

その後は一気に作業が進んで完成にこぎつけましたけど、なんだか
とっ散らかっちゃったなぁって感じ。もう少し丁寧に作れば良かった感満載です。

20140202-7.jpg

ルーフとフロントパネルの赤は説明書の指示通りクレオスの3番、赤で塗ってます。
でも、ドアのデカールの赤と色味が違っていて、塗るのはシャインレッド、もしくは
モンザレッドでも良かったかもしれないです。
実際、街で見た赤帽のトラックはもっと朱色っぽく見えたし。

20140202-8.jpg 20140202-9.jpg

って事で、赤帽サンバー完成しました。
アオシマの力作なので、キットとしてはとても良く出来ていて、また作っても
良いかなって感じ。今度は平ボディのトラックがいいなぁ。

余談ですが、今回の作業中に塗装ブースの掃除をしたので記念撮影。
次回はいつ掃除するかわからないもんね(笑)
20140202-5.jpg
これでもキレイにしたんですよ(笑)

20140202-6.jpg
ブースの左の壁。
この部分、試し塗を繰り返し、時々白い塗料が余るとリセットしての繰り返しなので、
塗料が何層にも塗られています(笑)
本当はプラ板か何かを貼りつけておけば良いのだろうけど(^^;;

って事で、ブースもきれいになったので、気持ちよくエアブラシも
吹けます、楽しみです(^-^)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用